メールでのお問い合わせ

03-5114-6077


【診療時間】9:30~14:00/15:00~19:00(土は10:00~14:00/15:00~18:00)【休診】水・日・祝

英語
対応可

インプラント

    インプラント

    歯を失った部位に対してブリッジや義歯に代わる方法としてデンタルインプラントが注目されています。

    インプラントは天然の歯と同じ様に審美的にも作業的にも機能しますが、全てのケースにあてはまるとは限りません。当院ではインプラントが可能かの条件を探るために医科のCTを使用し、それにより分析されたデータ(http://www.icatcorp.jp)を検証します。この事がインプラントを行う上で安全性を高める大切な作業になります。

    インプラント体は世界的シェアを持つノーベルバイオケア(http://www.nobelbiocare.co.jp) のプロダクトを使用していますので、万が一国外に移住する事があってもノーベルバイオケアへの問い合わせにより使用している歯科医院を検索する事が出来ます。


     

    治療例

    インプラント インプラント

     

    ほとんど骨を削らない「大口式インプラント」

    従来のインプラント手術の術式は骨をドリリングしながら取り除き、ドリリングした穴にインプラント体を埋め込む方法でした。その方法では、ドリリングした骨は無くなり、ドリルの進行方向を変更できないため、神経や血管を損傷してしまう危険性がありました。

    当院では骨をほぼ削ることなく、拡大しながらインプラント体を埋入する術式、大口式(http://www.implant-search.com/)を採用しました。

    大口式で使用する器具はドリルではないので、器具の先端で神経や血管を傷つける事がありません。また、骨の状態により器具の進行方向を随時変更できるので無理にインプラント体を埋め込む事はありません。

    インプラント治療が終了した後、定期的なメンテナンス治療が不可欠です。以前咬めなかった箇所で咬めるようになると、口の中の環境も以前とは違う状態になります。状態の変化をフォローアップする事は全体のバランスを保つ事に繋がります。当院オリジナルのPMTCプログラムにより、より良い口腔環境づくりをお勧めしています。


TOP